Quality of Otaku Life.

スケジュール手帳は月曜始まり派?日曜始まり派? 2018年に向けて手帳を選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スケジュール手帳。短くても1年、長い場合は複数年使うものだからこそ、こだわって選びたいものです。僕の場合、こだわるポイントは「日曜始まりかどうか」です。

なぜ日曜始まりがいいか

昔からカレンダーでも日曜始まりのものが多く、家で使っているカレンダーも日曜始まり、街で見かけるカレンダーも日曜始まりのものが多いです。ここでスケジュール手帳だけ月曜始まりの手帳を持つとかなり混乱します。

本来数ヶ月使ったら慣れて切り替えられるようになるものなのかもしれませんが、学生時代に大学から配られたスケジュール手帳が月曜始まりで一切慣れることなく1年を過ごしたので月曜始まりのものはこれからも使えなさそうです。

また、「水曜日は平日の折り返し地点であり1週間の折り返し地点であると考えている」というのが大きい理由かもしれません。水曜日が中心に来ていていると「この日を乗り切れば今週もあと少し。土日はイベントだ」とやる気も出てくるものです。まあイベントがなくても土日は大体休みなのでモチベーションも保てますね。

月曜始まりを使っていて痛い目にあった

これはもう完全に自業自得なんですが、前述のとおり学生時代は大学から配られた月曜始まりのスケジュール手帳を使っていました。

「水曜日は平日の折り返し地点であり1週間の折り返し地点である」という感覚で今まで日曜始まりのものを使っていたものですから、本来の予定と違う曜日に記入していたり、本来の予定通りに記入しているのに日程を勘違いしてしまったということがありました。それでバイトの日を勘違いしてすっぽかしたり、面接の日を間違えて1日早く訪問してしまったりと色々とミスが多くなりました。

自業自得ではありますがこれがトラウマになっていてもう使える気がしません。

もっと日曜始まりの選択肢を

スケジュール手帳を買おうとしても月曜始まりが多く、日曜始まりのものが少なすぎます。日曜始まりしか使えないユーザーに選択肢が欲しいです。

デザインや質感で「これだ!」と思っても中を開けば月曜始まりで肩を落とすこともしばしば。特にモレスキンのメモ帳を愛用しているのでモレスキンには是非日曜始まりのスケジュール手帳を出してほしいですね。

ほぼ日手帳は日曜始まりの手帳も出してくれていますが、ロフトなどで買えないのでそこが残念です。

ちなみに僕が2017年愛用した手帳は能率手帳 NOLTY。外観もシンプルで手触りもよく、機能面でも満足でした。2018年もお世話になると思います。

The following two tabs change content below.
くろこ

くろこ

趣味にはぬるくゆるく浅くたまにガチで取り組んでいます。やりたいことはコロコロと変わっていくので”ゆるーく気ままに”やってます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。